2つのNPO総会に出席

2012年5月26日 22時38分 | カテゴリー: 活動報告

支えあうまちづくり

きしゃポッポ
きしゃポッポ
 5月には多くの団体の総会が開催されます。市内で生活クラブ運動グループに参加する団体の総会も5月に集中していますが、今日はNPO法人ワーカーズ・コレクティブきしゃポッポとNPO法人WE21ジャパンの総会があり、ネット平塚から鈴木亜紀子が来賓として出席しました。
 きしゃポッポは今月12日に設立10周年のイベントを終えたばかり。障がいのある子もない子も共に育ち合える場づくりを目指す中で取り組んできた児童ディサービス事業(障害者自立支援法)が、児童福祉法に基づく児童発達支援事業と放課後等ディサービス事業の2つの事業に4月から変わり、設立以来取り組んできた保育事業を併せた3事業を柱とする活動をスタートさせています。相談アドバイザーによる個別相談や、地域の方の協力を得て行っているリトミックに加え、読み語りも親子サロンの新しいメニューとして取り組んでいくことのことでした。
WE21ジャパンの総会では、議事審議の後、今年1月に平塚のメンバー3人が参加したインド視察ツアーの報告が行われました。WE21ジャパンがインドのNGO、DRCSCと協働して取り組んできた西ベンガル州における多目的教育センター事業(MPEC事業)は、小学校を中途退学した少年少女への識字や裂き織りや自転車修理の技術習得、大人には野菜栽培や栄養指導と小額金融や米(こめ)銀行の創設など、社会的・経済的に困難な立場にいる少数民族の自立を支援してきました。今回のツアーは事業のモニタリングを目的とするもの。継続した活動が遠く離れた人と人との繋がりを深めていることを、参加者の多くが実感したとのことでした。